開催趣旨

2019年10月、日本政府は、火星を見据え持続的な月探査を実現する国際宇宙探査計画「アルテミス計画」への参画を決定。将来を見据えた技術開発や日本人宇宙飛行士の月面での活動など、この新たなフロンティアの開拓に、主体的かつ果敢に挑戦することが発表されました。

持続的な月・火星に向けた探査の推進には、様々な技術や知見が必要となります。すでに、多くの領域で民間企業も研究開発に参入し、国際的な議論も加速しています。

JAXA国際宇宙探査センターは、「人類、月を拓く」をテーマに、産業界や学術界、そして次世代を担う学生の皆様への情報発信と双方向の対話により、国際宇宙探査計画を身近に感じ、関心を深めて頂くことを目的とした、「国際宇宙探査シンポジウム2021」を全4回のオンライン形式にて開催いたします。

本シンポジウムでは、産学のリーダー・専門家をお招きし、「目指したい月面社会の将来像」や「実現への道筋」等の検討状況を共有しながら、多角的な議論を進めてまいります。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

参加:登録無料

概要

Top